今日のアイデア#012 電球のソケットに取り付けられるプロジェクター型Android端末「Beam」

ちょっとしたプレゼンや情報の共有の際に便利なプロジェクター。プロジェクター付きスマホや、ハンディータイプのプロジェクターもたまに市場に出てきますが、いまひとつ定番が生まれない小型プロジェクター界隈ですが、まったく新しい発想で作られたプロジェクターがKickstarterで発表されています。

8bdd04a2848262bac7ac8da42e976915 original

電球のソケットに装着することで様々な場所で使えるプロジェクターです。
Android OSを内蔵しているため単体で使えるのはもちろん、AirPlayやMiraCastといった無線通信の規格にも対応しているため、iPhoneやiPadなどAndroid以外のスマホのディスプレイとして使用することも可能です。

A5f36722b4f0721eecf862085a92ee0b original

スペック表は以下のとおり。
174f4348612dbe434da45aa2a043f3af large

解像度が854×480ピクセル、100ルーメンなので明るい場所ではあまり使えないスペック。Android端末としての性能も決して高いわけではありません。
本格的なプロジェクターの代替として考えるとちょっと頼りないですが、手軽に使えるプロジェクタとしては十分な性能ではないでしょうか。

特典(リワード)としてBeam本体を受け取れるのは$399の出資から。
人とは違うガジェットを使うのが好きなひとは、ぜひ出資を検討してみたはいかがでしょうか!

※Kickstarterでの出資方法はこちらを参考にしてみてください。
これであなたも”投資家”に!クラウドファンディング「KickStarter」で日本から出資する方法とは | ultimagazine

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です