今日のデザイン#064 おしゃれな写真を身に付けたい!Instagramのスマートウォッチ向けUIデザイン

インドのWebデザイナーNikhilesh VermaさんとAkhilesh Vermaによるスマートウォッチ向けInstagramアプリのコンセプトデザインです。

Appleウォッチなどの主要なスマートウォッチにはカメラ機能はついていないため、ビューワーの機能だけに限定されたInstagramアプリになっています。
大き目の角丸がついた全画面表示が非常にインパクトがあります。
スマートウォッチは”身につけるデバイス”であるため、全画面表示したときの印象の強さがスマホアプリより感じられそうです。

ちょっと気になるのは「User name」「Password」の入力方法。
特にAppleウォッチは現状キーボードの使用を制限しているので、入力方法については検討が必要かもしれません。
Appleウォッチの発売を約1ヶ月後に控え、アプリを開発してみたいと考えている人も多いと思いますが、「スマホアプリでは出来るけど、スマートウォッチ向けだと使えない(使いにくい)UI」が多くありそうです。

3月初旬から、開発中のアプリの画面や、コンセプトデザインの発表も増えてきています。
できるだけ多くのデザインに触れ、使いやすいスマートウォッチアプリのデザインがどういうものか、よく考えてみる必要がありそうですね。

68cf6c0299eddfd1e748555501f495a7

Designer Info
Designer Info
[ via Smart Watch UI (Instagram) on Behance ]

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です