今日のデザイン#056 フラットデザインで3D表現!ARを使った動物図鑑アプリ「ZooKazam」のアプリデザイン

アトランタで活動するデザイナーReza AlaviさんとAmir Alaviさん兄弟による子供向けのAR動物図鑑アプリ「ZooKazam」のデザインです。
ここ数年のデザイントレンドであるフラットデザインでは立体表現や陰影、質感表現といったリッチな表現は使われないことが多いのですが、ZooKazamではあえて、俯瞰図の立体感をフラットに表現したデザインになっています。
シンプルでおしゃれな印象を与えるデザインでありながら、「飛び出す絵本」のような子供向けのポップさも感じさせるデザインですね。

0bcafd334b2a17d4d7d12879048274ac

▼実際のアプリを見てみると、ARを表示させるためのタグのデザインも作り込まれているのがわかります。
Screen322x572

「フラットデザインはこういうもの」と決めつけずに、相反する「3D表現」と組み合わせることで生まれた面白いデザインです。
「フラットデザインのアプリはどれもデザインが似ている」という意見を耳にすることもありますが、アイデア次第で様々な表現が可能な、まだまだいくらでも面白いデザインが作れることを教えてくれるアプリです。

[ via ZooKazam 3.0 AppDesign on Behance ]

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です