今日のデザイン#047 13~18 歳の学生向けオンライン科学コンテスト「Google Science Fair」のWebサイト

Googleが主導で開催される13〜18歳の学生向けオンライン科学コンテスト「Google Science Fair」のWebサイトです。
「無駄がなくシンプル」という最近のトレンドには迎合しませんが、なんとも知的好奇心をくすぐるデザインで、コンテストのイメージにぴったりです。

スクリーンショット 2015 03 03 15 25 20

「子供向けのデザイン」と一言で言っても、先日紹介したKIDS服ブランド「Joha」のWebサイトのデザインと見比べてみると、そのテイストは全く異なります。
Johaの方は子供向けと言いつつ、むしろ子供服を実際に購入する”ママ”に刺さるようなデザインで作られていたのに対し、Google Science Fairの方は、子ども自身の好奇心を刺激するようなデザインと言えるのかもしれません。

「子供向けのデザイン」というオーダーに限らず、あるターゲットに向けてデザインを行う場合、「本当に意識すべきユーザーは誰なのか?」というところまで考えることが重要かもしれませんね。

スクリーンショット 2015 03 03 15 26 19

スクリーンショット 2015 03 03 15 26 46

スクリーンショット 2015 03 03 15 27 03
▲落書きだらけの背景や、手書きのような枠線、方眼紙やクラフトテープ。デザインとしては”無駄”な要素だらけですが、それが好奇心をくすぐります。

▼ちなみに日本版のサイトも存在します。日本語になるとまたちょっと印象が変わりますね。
スクリーンショット 2015 03 03 15 29 05
▲単純な翻訳のせいか”子供向け”という印象が薄れています。キャッチコピーを「世界を変えていくのは、君だ!」とすれば子供向けの印象が強まるのかな?

スクリーンショット 2015 03 03 15 29 50

※海外のWebサイトのオシャレなデザインを参考にしても、日本語のサイトだと何故かオシャレに見えないというのはよく経験することではあります。文字サイズやキャッチコピーそのものを変えるなど、柔軟なチューニングが必要ですね。

[ via Google Science Fair ]
[ via Google Science Fair(日本版) ]

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です