今日のデザイン#039 ポップすぎないマテリアルデザイン「South East Asian Food App」

昨年Googleがデザインガイドラインを策定し、Webデザインの新定番として定着しつつあるデザイントレンドの「マテリアルデザイン」。
配色設計の特徴として、彩度や明度が高い色が使われ、ポップな印象で仕上げられることが多いマテリアルデザインですが、イギリスで活躍するグラフィックデザイナーAbdi Noorさんが発表した「South East Asian Food App」というモバイルアプリのUIは、比較的明度が低めな配色でまとめられています。

メインカラーに黒や茶色を採用し、レイヤー感のあるボタン部分も背景よりは彩度や明度が高いものの、やや落ち着いた配色に統一されています。

マテリアルデザインを採用する場合でも、配色によってここまで落ち着いた印象のサイトを実現することも可能。
写真を多用するサイトなど、サイトの基本部分であまり強い主張をしたくないサイトでマテリアルデザインを採用したい場合、参考になる配色ではないでしょうか。

038d36e467851522a7244219a5a1a16c

9912df773f96733f5c34d67fa49dae2f

7ebb8afc5fa48e76f4afd1e7f20f84df

5bd6ee7371a09c98a1e997e40d4e7bfc

5fe6f5053fa71a39865832c3bfbc19f0

0e9e338f99a7cb89f0011f559c006c8c

Designer Info
Designer’s Site
[ via South East Asian Food App on Behance ]

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です