今日のデザイン#017 木のタッチインターフェースを採用!Bang & Olufsenが発表した未来型サウンドシステム「BeoSound Moment」

デンマークの高級AV機器メーカーBang & Olufsen(バング&オルフセン)が発表したサウンドシステム「BeoSound Moment」。スタジオ「Frackenpohl Poulheim」がデザインを手がけています。
木の素材感を生かしたタッチインターフェースが特徴的で、未来的なシステムでありながら自然の柔らかさを残したデザインがオシャレです。
デバイスの美しさだけではなく、ユーザーが視聴した音楽やラジオからパターンを学習し、ユーザーが「今聴きたい音楽」を自動的に再生してくれるソフトウェアの機能も同時に設計されています。
木のインターフェースの背面は、ディスプレイを持ったタブレットとしても使うことができ、任意の音楽を再生するなど、より能動的に使いたい場面でのインターフェースになっています。

海外では定額制音楽サービスとも連携し、自分が持っていない音楽も含めたライブラリから音楽を選んでくれるようですが、定額制サービスの導入が遅れ気味な日本では「BeoSound Moment」の機能を100%活用できないのが残念ではありますが、部屋にオシャレなAV機器が欲しい!というニーズは完璧に満たしてくれるプロダクトです。

Intelligent Bang Olufsen Music System 3 640x426

Intelligent Bang Olufsen Music System 4 640x413

Intelligent Bang Olufsen Music System 6 640x370

Intelligent Bang Olufsen Music System 0 640x445

Intelligent Bang Olufsen Music System 1 640x787

Intelligent Bang Olufsen Music System 2 640x523

[via Intelligent Bang & Olufsen Music System – Fubiz™ ]
Designer’s Site

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です